こばやし眼科クリニック

HOME»  白内障手術

白内障 日帰り手術


白内障とは

 

白内障とは
白内障治療

 人の目はよくカメラにたとえられますが、カメラのレンズに相当するのが水晶体です。
水晶体は約直径9mmm、厚さ4mmの凸レンズの形をしていて、膜(嚢)に包まれています。この膜の全面が「前嚢」、後面が「後嚢」と呼ばれています。
一方、水晶体の中身は透明な組織でタンパク質と水分から構成され、「皮質」と「核」にわかれています。
 

一方、水晶体の中身は透明な組織でタンパク質と水分から構成され、「皮質」と「核」にわかれています。
正常な水晶体は透明で光をよく通します。しかし、さまざまな原因で水晶体の中身のタンパク質が変性して濁ってくることがあります。
これが白内障です。
水晶体が濁ると光がうまく通過できなくなったり、乱反射して視力が低下したり、かすんで見えたりまぶしくなったり、二重三重に見えたりします。

 

白内障の治療

 

 

 日常生活に支障がない程度であれば点眼薬で白内障の進行を遅らせます。
点眼薬は水晶体の濁りを遅くするもので症状を改善したり、視力を回復させることはできません。

白内障が進行して日常生活に不自由を感じるようであれば手術を行います。
全身状態、通院や家族の援助等を考慮して日帰り手術か入院での手術かを医師と相談して決めます。
 

 

白内障の手術

 

白内障の手術

手術は主に濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し
(超音波水晶体乳化吸引術)人工のレンズ(眼内レンズ)を入れる方法で行われています。 

当院では白内障の日帰り手術を行っております。
 
白内障の進行状態や他の眼の病気がないか診察を受けていただいた後、日程を決めます。

 入院が必要な方は提携病院(順天堂医院、順天堂浦安病院、日本医科大学病院など)をご紹介いたします。

 

手術を希望される方へ

 

 

 手術を希望される方へ

  手術曜日 火曜日(午後)・金曜日(午後・不定期)

手術までの流れ
 
  保険証を持参のうえ、診療時間内にお越しください。(予約なし)
  瞳を開いての眼底検査がありますので、受付終了1時間前までにはお越しください。
        ⇓
  視力検査・眼圧・眼底・角膜の検査・細隙灯による診察等を行います。
⇓  
医師との相談の上、日帰り手術か入院での手術にするかまた、日程を決めます。
(当院は日帰り手術のみ、入院は順天堂医院、日本医科大学病院等紹介します)
⇓ 
     当院での手術の場合は必要な検査、ご本人、ご家族への説明をします。(予約制)
        ⇓
  手術日の約3日前に手術前の診察を受けていただき、抗菌薬の目薬を開始します。
        ⇓
      手術当日へ

ご注意  ・現在使用している点眼薬・内服がある方は、わかるお薬手帳等お持ちください。
     ・検査は何日かに分けて行うことがあります。
     ・全身状態等により入院をおすすめする場合があります。
     ・手術後は定期的に診察に来ていただきます。
     
 

 

日帰り手術 当日の流れ

  1. 瞳をひろげる目薬と、抗菌の目薬を数回点眼します。
  2. 体温、血圧などを測り、手術用のガウンに着替えます。
  3. 手術室に入室し、洗眼後、白内障手術を行います。(手術時間は約10分程度)
  4. 終了後、リカバリールームでお休みいただき、血圧等確認後、ご帰宅いただきます。
※手術の翌日は、午前の診療の最初に診察を行います。 その後はしばらく定期的に手術後の状態や視力検査の為に来院していただきます。